2017年4月18日火曜日

「未来を選べ」T2 トレインスポッティング



2017年イギリス映画

今、僕は40歳ですが、前作トレインスポッティング公開時の1996年は20歳でした。
僕ら世代の、最もヒットして、かつオシャレな映画といえば、このトレインスポッティングではないでしょうか。

あれから20年、ハリウッドスターとして地位を築いたユアン・マクレガーをはじめ、当時のオリジナル・キャストが再び集結。監督はもちろんダニー・ボイルで、あのジャンキーたちがそのまま歳をとった20年後のお話。
相変わらずろくでもない4人なのですが、ジャンキーだったとはいえ、20年前(設定ではユアン・マクレガー演じる主人公レントンは前作時は25歳。今作では46歳になっています)まだまだ若かった彼ら。ろくでもない、退廃的な日々を送ってはいても、それは若さゆえ、どこかまだまだ未来が感じられるところがあったのですが、今作ではもう46歳。体調が悪くなったり、思うように身体が動かなくなったり、加齢による身体的変化が容赦なく訪れ、そして上手くいかない人生への閉塞感に右往左往するろくでなしたち。僕も歳が近いだけに、他人事ではないところがあり、気持ちはよく分かります(T_T)

所々で前作の若かった頃の面影が出たり、シーンがオーバーラップしたりして、自分の学生時代を思い出したりして、懐かしいやら切ないやら…。

前作のラストで主人公レントンは仲間達を出し抜いて裏切るのですが、今作で昔の街に戻り、当時の仲間はなんだかんだでレントンを許してしまう。それは各々が上手くいかない現状から逃れ、良かった頃の過去にすがっているようでもあります。

選んだ未来が、望んだ結果をもたらしてくれるとは限らない。でも、まあ、それなりにやっていかないとな。
相変わらずダニー・ボイル監督は映像も音楽もクールです。

2017年1月8日日曜日

ジバニャンはやっぱりかわいいなあ〜 映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!



2016年邦画

一時期に比べてブームがちょっと下火になってきたかな? という、アニメ 妖怪ウォッチ劇場版の第3弾。 子供のお供で鑑賞。

タイトルの『ダブル世界』というのは、アニメと実写がパラレルワールドとして存在し、2つの世界が錯綜しながら物語が進んでいくということです。
公開前の早い段階で、大物妖怪『エンマ大王』『ぬらり』が実写世界では山崎賢人、斎藤工が演じる。と予告されており、
「すごい安易にイケメンを使って話題作りにきたな~。だいたいアニメ世界と実写世界を織り交ぜるなんて、奇をてらったにしても物凄い力技で、よくもまあこんな無茶な企画が通ったな!?」

なんて思っていましたが、観てみるとこれは最近多い漫画、アニメの実写化による、
また小栗旬か?』『また三池崇史か?』『なんでこのキャスティング?』『そもそも実写化しないで!』
等などの世のムーブメントをまるごとパロディ化した企画のようで、そう思えばいかにも妖怪ウォッチらしいとも言えます。でもやっぱりすごい力技ですけどね^_^

ストーリー的には2つの世界が交錯する理由などもちゃんと踏まえて構成されていますが、どうしても「実写パロディがやりたかっただけだろ^_^」と思っちゃいます。

今までの劇場版ではあまり見せ場のなかった、おそらく強いであろう味方キャラ「オロチ」「キュウビ」の活躍シーンも珍しく有り。毎度お馴染み「ジバニャン」「ロボニャン」「コマさん」はいつも通り大活躍! ですが、もう一人の主人公「イナホ」ちゃんは今回1カットのみの登場。流石にパラレルワールド化して主人公まで2人いたら収集つかないのとの判断でしょうか。まあしょうがないですね(・・;

人気アニメの劇場版が何作も続くと、どうしてもマンネリ化してきますが、第3弾というここで、こんな無茶な企画をぶち込んで来たことにはホントに感心しました。さすが『イナズマイレブン』『ダンボール戦機』などを流行らせてきただけはある! ちゃっかりというか恒例というか、2017年末には劇場版第4弾が公開されるという予告もついてます(^^)
ホント言うと、本編とは全然関係ないオマケCGアニメのドラゴンと少年の物語でちょっと泣いてしまった僕でした。


2016年12月25日日曜日

偶然にも最悪な少年


2003年邦画
この映画はまずタイトルがいいと思う。なんとなく記憶に残るというか…。
いつか観ようと思って気づけば13年。もっと最近の映画だと思ってたんだけど、時が経つのは早いということを思い知らされたなあ〜(*_*)
あらすじは、いじめられっ子の在日韓国人の高校生(市原隼人)が自殺した姉に一度でも祖国を見せたいと、精神面が不安定で盗癖のある由美(中島美嘉)、チーマーのタロー(池内博之)を巻きこんで姉の死体をなんとか韓国まで運ぼうとする話。
その他、今見るとすごい豪華キャストです。さらに各所でSHERBETSの楽曲が挿入歌として使われていて好きな人にはたまらないですね^_^
映画自体、面白いと思うのですが、今見るとやっぱり役者陣のことが気になります。
今でもタロー役の池内博之をすごくカッコイイと思っていて、いい役で出てきたのが嬉しかった。この映画には出てませんが安藤政信もすごく好きで(この2人はスペーストラベラーズで共演していました)でも、未だにブレイクしきらない2人というか、もっと売れてもいいのになあと思っています。で、中島美嘉。当時、僕の好みどストライクですごく好きでした。今見てもやっぱりかわいい。劇中、市原隼人とキスシーンがあるのですが、そこが一番面白かったかな^_^。 さすがに13年も経っちゃうと役者も、自分も大分変わったな〜と思ってしまうのでした。

ギターは顔で引け! TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ


2016年 邦画
劇場で観ましたが、レンタルが開始されたようなのでこのタイミングで。 主演 長瀬智也・神木隆之介。
あらすじ。
修学旅行中に事故で亡くなってしまった高校生、大助。(神木隆之介)なぜか地獄行きになり、地獄でロックバンド「地獄図(ヘルズ)」を率いる赤鬼、キラーK(長瀬智也)と出会い、転生するチャンスがあることを告げられる。どうにかして転生して片思いの同級生に想いを伝えようと燃える大助だが…。
とにかく長瀬君の顔芸が好きで、バカな役で変顔を連発する長瀬君を観てるだけで楽しくなってくるのです。だから劇場に足を運びました(*^^*)
もう期待を裏切らない馬鹿さ加減、最高です!さすがクドカン。
「ギターは顔で弾け!」という名言がハマりまくっている長瀬君の顔芸はとにかくサイコー! 満足です\(^o^)/
神木隆之介君演じる大助もとにかくポジティブで「俺は絶対生き返ってあの子とキスするんだ!」と、いい青臭さ、馬鹿っぽさでよかった。神木隆之介君は声がいい。少し高くて、時々上ずってかすれそうな、しゃべった時の声の不安定さ。それが少年ぽい危うい魅力を出してると思います。
宮藤官九郎、脚本、監督なんで、とにかくふざけていて、セットは学芸会ぽくて、下ネタが少ししつこいですが、馬鹿しか出てこないので楽しい気持ちになれます。
「マザーファッカー!」とシャウトしまくる長瀬君はホント最高
\(^o^)/

2016年6月11日土曜日

俺も今年で40歳だ。ここらでひとつ考えよう カラオケの話

先月、誕生日を迎えてついに40歳になった。

40歳


40代だ。この言葉の重み。30歳になった時の方が気持ち的には大きな転換期のように感じたが、まだまだ浮かれた感があったように思う。
40歳ともなれば、もう まごうことなき中年、逃げ場なし。どころか、もう10年経てば初老ではないか? いくら「若く見えますね」とおだててもらっても、実年齢は下がらない。

「おじいちゃんになったら、畑をして、通りかかった近所の友人と庭先で酒を飲みながらギターでも弾いてすごしたい。」などと嘯いてはいるが、実際問題そんな遠い将来ではないのではないか?

「フリーのデザイナーです。」などと言えば聞こえはいいが、同世代で成功を収めている人、大きな企業、組織でそれなりのポストについて部下を抱えている人と自分の状況を比べてみれば、言いようのない不安に襲われてひとり悶々と眠れぬ夜を過ごすこともある。もう40歳なのにこんなのでいいのか俺は? 大丈夫なのか?


年相応 とは中々難しい。



そこで頭を悩ませる1つの問題について今回は考えようと思う。

フリーのデザイナーという孤独な環境にいるが、幸いにもいくつかの付き合いはある。流れでのカラオケ、スナック…そこで突如求められる社交性、
それが

「じゃ、1曲歌ってくださいよ」なのだ!

同世代の気心知れた友人と行くならいざしらず、仕事、その他の付き合いで年配の方、若い子など大勢で行く場合は選曲に非常に気を使う。さらに「トップバッターお願いします」などと言われた日にはプレッシャーさえ感じる。モタモタしてると無責任に「歌いたい曲を入れたらいいんだよ」とか言う奴もいるが、俺ももう40歳、いくらなんでも友人でもない人たちの前で

「猫が〜死んだ〜♪僕の大事にしてた、子猫がぁ〜♪」


とブランキージェットシティのCat was deadをいきなりシャウトする訳にはいかないだろう。

しかし、この年齢…40歳…年相応というのが足かせだ。
例えば「嵐」押しも押されぬ国民的アイドルグループなので曲のメジャー度、歌謡曲度は申し分ない。
だが、「40歳が歌うアイドル曲ってそれどうよ?」と少々のひっかかりがあり(嵐のメンバーも全員30オーバーではあるが)さらに20代の若い子らと一緒に行っている場合、なんか小っ恥ずかしくて歌えない!
これは今流行っている若い子のバンドやグループの歌も同様で、若い子の前で若い歌は歌えないのだ! 若い子に迎合しているように思われるのではないかと勝手に邪推して無理なんだ!
まあでも、ONE OK ROCK や MAN WITH A MISSION の曲を覚えてカラオケで歌ってやろう! という馬力ももうないが…

かと言って、じゃあ演歌など、年上に対する受けの良い曲を知っているかというと、

全然知らない。完全に弾不足だ。


マイナーなバンド、曲を聞いて音楽通を気取るような大学生や専門学生的なスピリッツはここではなんの役にもたちゃあしない!
しかるに、やはり自分がよく音楽を聞いていた時代のメジャーなアーティストの曲から選曲することになるわけで…

なので、この悩みを軽くするため、ここらでひとつ我が軍の戦力(歌を知ってるアーティスト)を分析しておこうと思う。


・Mr.Children

戦術の核となる主砲。なんせ活動歴が長く、しかもコンスタントにずっと売れている。俺が高校生の頃からメジャーなバンドなわけだから、年上から年下までいける。「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」もあるし。『ミスチルなら!』という抜群の安定感。

・ユニコーン・奥田民生

最近復活した。一時ビッグ・ダディのイメージが付きすぎてマイナスだったけど、だいぶ払拭されてきたのでよかった。奥田民生のとぼけた、ゆる〜い感じで『ユニコーン、奥田民生は嫌いだ』っていう人はいないんじゃないかと思っている。でも前の年の瀬に『雪が降る町』を歌ったらみんな知らなかった。すげーショック受けたよ俺は!

・B'z
これもミスチルと同じような特長の頼れる稲葉の兄貴。しかし、いかんせん稲葉さんの声は高すぎてもう無理! 全然無理! 『もうこれで終わってもいい』という時にしか歌えない、一発で声がガラガラになる諸刃の剣。 

・クレイジーケンバンド

ボーカル横山剣の声が素敵。酒呑んでガハハ。女口説いてガハハ。エロスでガハハ。粋なおっさん道と言うものを感じさせてくれる。かっこいいとはこういうことさ! なオヤジ。認知度はそんなに高くないかもしれないが、曲も歌詞もキャッチーなので、どの世代の人が聞いても嫌味がないと思う。それでいてなんかオシャレだし。

・THE YELLOW MONKEY

イエモン好きなんですよ。最近復活しましたし。ボーカルの吉井和哉は今放送中のアニメ、ドラゴンボールの主題歌も歌っているので、これにより若年層のファン拡大に………は繋がらないかもね。
ここに挙げてはみましたけど、どうなんでしょ? GLAYとかL'Arc~en~Cielみたいに当時のイメージが強いから、やっぱ同世代向けかなあ…。

・福山雅治

役者としても歌手としてもドラマやCMなどで起用され続け、非の打ち所がない福山さん。マジ、かっこいいです。でも不思議と俺の知り合いの中では『福山さんすごい好き』って人には会ったことない(失礼)タイアップ曲が多いから、サビまでいくと『あっ! この曲知ってる〜』となるアーティスト。やっぱりいい歌作ってるんです。


と、まあ、ここまでつらつらと書いてはみましたが、意外に選択肢は少ないなあ。だいたい、俺もう40歳なのにこんなくだらないこと大マジメに考えて…これは歳相応の悩みなのか?。大丈夫なのお〜?
たぶん大丈夫でしょう。たぶんね。
あと、僕、カラオケは好きなんで、誘ってください。

25歳になった時に記念に描こうとして途中止めのままの自画像。
15年も放ったらかしとは思いもしなかった。

2016年5月24日火曜日

カレーメシ! ジャスティス!!  バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生


2016年アメリカ映画

2大ヒーロー激突! とはいえ……


地球上のあらゆる兵器が通用しないスーパーマンと、強いとはいえ普通の人間であるバットマンでは力の差がありすぎて、この2人が戦う!と言われても全然ピンとこないのです。
VS と付く映画で最も胸躍ったのは『エイリアンvsプレデター』ですね。タイトルではね(^_^;)
どちらもヒーローですから、VS とか言ってもどうせ共通の敵が現れて共闘してやっつける、東映まんが祭り的な展開に最終的にはなるんだろ~とか思って、別に彼らが嫌いではないのですが、子供が観たいと言うので期待値ゼロで観ました。

バットマンとスーパーマンがお互い「なんか面白くないなあ、あいつ…」となるのは結構人間臭い理由なんですけど、ただどちらも結構人格者なのに、よく確かめもせずにそんなことでいがみ合うかなあ? とも思ってしまいます。

詳しく知らないのですが、本作はアベンジャーズとは別会社のアメコミヒーロー集結ものの序章にあたるらしく、続編で他のヒーローが集結する伏線が張られています。アベンジャーズの場合は個々の映画が先にあったのでまだ分かりやすいのですが、この映画の場合、「他にもヒーローがいる!」となって、ちらっと映るヒーローに全然馴染みがないため、ピンときません。
本作でもワンダーウーマンなるヒーローが突然出てくる(しかも超強い)のですが、僕には知らない人です。
マン・オブ・スティールから直接繋がっている話なので、テレビで放送していたのを観ておいてよかった。しかしやっぱり、特に知名度のあるスーパーマンとバットマンなのだから『元々の原作を知っている』や『他の関連作品を観ている』ことをある程度前提とした作りにしなくてもよかったのではないかと思うのです。
知っていたらより楽しめる! ではなくて 知らなければ『?』な展開やシーンをあまりに多く加えるのは僕は好きじゃないです。だからアベンジャーズもちょっと苦手。でもこれはね~ホント難しいとこだとは思います。分かってはいるんですけど(^_^;)
この手の映画にケチをつけてもしょうがないのですが、子供と一緒に観ているからか、話がこの作品の中だけで完結しないことに関して、不親切だなあと思うんです。

バットマン役がノーラン監督の時のクリスチャン・ベールからベン・アフレックになっていましたが、ベン・アフレックはガタイが良すぎてバットマン、ムチムチでした。そこはちょっと気になるな。

総じて、相変わらずザック・スナイダー監督が作る映像はキレイでかっこいいですけど、ストーリーはイマイチだったかなあ(T_T) 

2015年12月22日火曜日

妻の心中は裏切り者を暴き出すより難しい。 裏切りのサーカス



裏切りのサーカス

2011年、イギリス・フランス・ドイツ合作のスパイ映画


冷戦下、イギリス秘密情報部(通称サーカス)に所属する主人公スマイリーはサーカス内に『もぐら』(裏切り者)がいるとの情報を得、もぐら探しを開始する…ってお話。

複数登場するサーカスの構成員や他国のスパイ組織など、数々の人物の思惑が絡み合い複雑なドラマを生んでいます。なので、ボンヤリ観ているとイマイチ話がよく分かりません。さらにサーカス内の構成員はコードネームを持っており、コードネームと本名、両方使うので余計ややこしいです。(X-Menでいうウルヴァリン=ローガンみたいな感じ)
でも話自体は非常に良く出来ていて、映像の雰囲気とも相まって、小説を読んだかのような気分にさせてくれます。


ただ、この作品で最も印象的なのはスパイ間のスリリングな諜報合戦よりも、『男女間の妙』 です。

主人公スマイリーは切れ者でサーカス内からも一目置かれ、他国の諜報員には恐れられているほどの男なのですが、妻のアンには弱いのです。
作中では明確に語られていませんが(アンは劇中では数カット、しかも後ろ姿のみの登場です)、アンはふらっと家からいなくなり、またふらっと戻ってくる奔放な女性のようで、他の男とも明らかに関係を持っている妻アンに対してスマイリーは複雑ながらもやはり愛情をもっています。ラストでスマイリーが自宅に帰った際、妻アンが戻ってきているのがシルエット的な映像で語られるのですが、その際のスマイリーの後ろ姿はどこか嬉しそうに観えるのが不思議。
男女の仲もまた複雑ってことでしょうかね〜^^;

鑑賞を開始してからすぐにスマイリーに対してものすごい既視感があって、ず〜〜っと引っかかっていたんですが、こないだ分かりました!ノーラン監督のバットマン3部作に出てくるゴードン刑事にそっくりです! まあ役者も同じゲイリー・オールドマンなんでしょうがないんですけど、キャラも似てます(^_^;)